とちぎ結婚支援センターとす~さんの結婚相談室を同時進行が限りなく成婚に近づける

とちぎ結婚支援センターの評判はどうなのでしょうか。

下野新聞によりますと、今年3月末までに5組の成婚カップルが誕生致しました。登録会員数は2015人で男性が1181人、女性は834人になります。現在は会員数の割に成婚数は少ないのですが、まだ始まったばかりの点を考慮すると今後も増えていく事が見込まれます。

現在は1012組の引き合わせ(お見合い)を行い440組の方が次に繋がっています。

そして、今回こちらに注目していただきたいのが、5組の成婚者に対して、非会員様との結婚が28人になります。

​非会員様との結婚されている方は一つの婚活のみでなく、複数同時に利用されている点です。

​とちぎ結婚支援センターとす~さんの結婚相談室が同時進行がベストの理由

​結婚に短期間で近づける最善の方法とは何でしょうか?

それは一つだけの結婚相談所にこだわらず、複数にチャレンジしてみる事です。

しかし、料金が高い所ばかりでは費用もばかにできません。

そこで登場してくるのが、とちぎ結婚支援センターです。

とちぎ結婚支援センターは2年間で1万円という安価で県内の会員数が最も多いと思われます。公的センターなので運営が安心という利点があります。多少、その場所まで行かないと会員の閲覧が出来ないという不便さやお申し込みしている間はプロフィールを閲覧してもらえない、会員が県内のみという事、マッチングが難しい事はありますが、これを利用しない手はありません。

しかし、この一つのみで婚活を進めていくのは不安が残ります。もし、活動していく中で良い出会いに恵まれず時間だけが過ぎてしまっていては、本来の結婚という目標から遠ざかってしまいます。

す~さんの結婚相談室は栃木も含めて隣県(関東)にも対応、コネクトシップの活用により毎週のご紹介が可能になりました。一般的には自分の条件の合う方にお見合いを申し込みます。これだと、お相手様も条件を出していますので条件が合わないと、会う前に断られてしまいます。会う前に断られてばかりだと疲れてしまいますよね。しかし、こちらはお互いの条件が合う方のご紹介になるので引き合わせ(お見合い)の展開が早い。そして、忙しくても、会員様の閲覧はいつでもスマホで簡単に検索可能。また、12月よりJBU(全国結婚相談所連盟)にも加入。JBUの加入により栃木県の方ご紹介人数が業界第二位までになりました。

 

現在栃木県の未婚男女の割合はご存知でしょうか?

栃木の未婚男女の割合は男性16人に対して女性10人になります。

計算すると女性が全員結婚されても6人余ってしまうことになります。

その為栃木県の相手のみという考えを捨てて、県外にも活動を広める必要があります。

「赤い糸」は栃木県の方ではなく、県外の方と繋がっていることもあります。

可能性は出来るだけ広げた方が効率が良く最適です。

お互いに登録することにより県内県外の会員様、婚活のアドバイスを補えるので最も成婚に近づける婚活方法の一つです。一年以内の成婚も希望の条件により異なりますので100%とは言えませんが、かなりの確率の成婚や良い出会いが見込めるでしょう。

場合によってはすぐに良い出会いが見つかってしまう可能性もありますので、まだまだ先、何となくという方にはあまりオススメできません。

本気で結婚したい!良い人がいたらいつでも結婚したい!という方にはオススメだと思います。