「今日は盛り上がった!」それでもあなたがお断りされた理由

「なんで?断られた理由が分からない・・・だってあんなに盛り上がったのに!」

このようなケースは必ずしも少なくありません。

自分としては「よしっ!今日は盛り上がったな」とは思っているものの、意外と相手は冷めています。

なぜ、二人の間にはこんなに温度差が生じてしまうのでしょうか。

実は会話の上手な人にはある特徴があります。

それは「自分の思いが伝わらない」を前提に話を進めているという事です。

一方の温度差が生じてしまう人の特徴は「伝わると思っている」を前提に話を進めています。

どんどんと成長していく人は「伝わらない」を前提に話しています。

「どうしたらうまく伝わるのか」と日々考えながらしゃべるので、それを毎日毎日繰り返していくうちに少しずつ会話が上手くなっていきます。

逆に「伝わるはずだ」と思っている人は、そもそも伝わっていると思っているので、伝える為の努力や工夫が生まれないのです。

「伝わらないはず」「伝わっていないかも」を前提に話す人の特徴は話している時の相手の反応を感じながら話しています。

例えば相手が、耳に手を当てながら「えっもう一度いいですか?」と言ったとしたら。

それは「あなたの声が小さくて、ほんと何を言っているのか分かりません」のサインなんです。ですからもう一度大きめの声を意識して話してみてください。

例えば「どう意味か分からないな」的なポカーンとした表情を見せたら、その言葉の意味を分かりやすい表現で話してください。

例えば「言葉は聞き取れたけど、いまいちイメージが沸かない」的な表情をしたら、分かりやすく例え話をしてみてください。

ほとんどの人は「どんな感じの良い発言をするか」とか「どんな話題で盛り上げてやろうか」と考えてしまいますが、そもそも相手が「ちゃんと聞き取れてないな」とか、「ちょっとイメージが沸いてないかな」とあなたが「伝わっていない」事を感じとることが出来なければ話にならないのです。

またお見合いの場で使う言葉と会社で使う言葉は違いますよね。

社内では社内ならではの専門用語で会話をした方が圧倒的に効率が良いです。

ただし、これを同じようにお見合いの場でも専門の用語を使ってしまう事は正しい事でしょうか。

正しくはないですよね。

相手からしてみれば「全く訳の分からない言語」であり、当然その場で理解など出来ませんし、理解しようとしません。

おそらくほとんどの人が、あなたの専門用語に対して「へ~そうなんですね」と共感しているふりをします。

しかしあなたはそんな事も知らずに次から次へと自己満足の発言をして「わ~楽しいな。盛り上がってる~」と一人絶好調状態に陥ってしまうのです。

相手が優しいから、あなたにあわせて共感していないのに「それ分かります~」と言うんです。

それを真に受けてしまって「伝わったんだな」と思ってしまいますが、本当は伝わっていません。

そうなってからだと、お二人の間には温度差が生じ始め、相手は「は~早く終わらないかな」となってしまうのです。

ですから、日常の中でちゃんと自分の話が伝わっているかどうかを相手の表情を見ながら丁寧に話す習慣をつけてみてください。

「きっと分からないかも」と思っていないと、相手の分からないサインを見逃してしまいます。

そんな私も見逃してしまいますが・・

「伝わらないかも」を意識して、それを前提として会話を楽しんでみてください(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪





最新記事

すべて表示

お見合いでは言葉よりもっと大切な事があります

こんにちは。 先日ですが「お見合いで何を話せばいいんですか」とのご相談をいただきました。 実は「何を話せばよいのか」よりもそれ以前に大切な事があるという事をお話しさせて頂きました。 それは対面コミュニケーションの場合、相手に与える印象は「何を話すか」「どんな言葉を使うか」よりも他にもっと大切な事があるからなのです。 このような研究データがあります。 ①声のトーン38% ②体の姿勢や表情、身のこなし

40代女性ご成婚退会です

こんにちは。 この度40代女性会員様がご成婚退会となりました。 心穏やかで聡明な女性です。 今回は会員様よりご成婚アンケートをご記入いただきましたので、現在婚活されていらっしゃる方の参考になりますと幸いです。 【ご成婚退会アンケート】 1【〇〇様と初めてお会いした印象はいかがでしたか】 穏やかな方で共通の話題もあり、とても話しやすかったです。 2【交際に入りどのような形で親交を深められましたでしょ

婚活を成功させる秘訣とは

こんにちは。 本日みかんを我が家に購入してきたのですが、その事によってバトルが繰り広げられてしまった。 それは「みかんは大きい方が好きか(L派)、小さい方が好きか(S派)」 妻と長女はS派で「小さければ小さいほど甘くて美味しいじゃん。2S位が一番うまいよね!」 私と次女はL派。「何言ってんの。大きい方が好きだけど。あの大きくて大味な所がいいんじゃん。皮もむきやすいし。何なら日にちが経ってて水分が抜