他人と比べるのではなく、他人を観察してみる

今週は3連休ですね。

今週もオンライン含めて15件のお見合い予定です。

素敵な方に巡り会えると良いですね(^^♪

さて、先日ですがご成婚された20代女性の方とお会いいたしました。

もともとお綺麗な方でしたが、益々素敵になられておりました。

沢山の幸せな結婚生活をお聞きし、こちらまで幸せな気分になりました。

価値観が似ていて、最初はお互いにぎこちなかったそうですが、次第に気兼ねなく話せるようになったそうです。

やはり会う頻度は毎週お会いされたそうで、「毎週お会いすると話題も常に新鮮になって良いですよ。お会いできるのであれば定期的にお会いする事を勧めます(^^♪」

との事です。

まずは仮交際になってあまり間隔が空かないようにしていきましょう。

さて本日は「他人と比べるのではなく、他人を観察してみる」です。

よくこのような言葉を聞いたことがあると思います。

「他人と比べるな。比べるのは他人ではなく、過去の自分と比べるんだ」

他人と比べると当然間違いなく不幸になります。

でも他人ではなく、過去の自分と比べるとは言っても「自分の周りには出来る人間」「婚活で上手くいった人」などがいると、どうしてもそこに注意が向かってしまいます。

例えば会社の営業のお話です。

同期のAさんは売上トップです。

そしてあなたは売上最下位とします。

そうすると「なんであいつはトップなのに、俺は最下位。俺って駄目だな」と思うでしょう。

しかし、そんな感傷に浸っていてもしかたありません。

もっとAさんを観察してみてはいかがでしょうか。

「なぜAさんはそんなにたくさんの契約を取ることが出来ているのか」

「どんなトークを使っているんだろう」

「どんなやり方をしているのだろう」

あなたのすぐそばに「営業の教科書」がいるのです。

Aさんを徹底的にマネしていく。

比較するのではなくて「観察」すれば良いのです。

婚活でも「上手くいっている人を良く観察する」

そのような人が近くにいないのであれば、普段の生活の中で「この人の対応いいな」「この人の話し方いいな」と思った人を観察して自分に取り入れてみる。

「〇ちゃんは年収1000万の人と結婚出来ていいな」

と自分と比べるのではなく、「なぜ素敵な人と一緒になる事が出来たのだろう」と観察してみてはいかがでしょうか。

比べて「相手を妬む」のではなく観察して「相手をリスペクト」です(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪


最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情