絶対に触れてはいけない話題がそこにある(お見合い編)

こんにちは。

この度、20代男性会員様がご成婚退会となりました。

昨日プロポーズをされ、お受けいただいたとの事です!

ご交際期間は約2か月間でのご成婚となりました。

本当におめでとうございます。

末永くお幸せになってくださいね(^^♪

さて、お見合いでは絶対に触れてはいけないタブーな話題があります。

その話題を口にされたからには、一瞬で相手より「お断り」が確定してしまいますから、皆さんも注意してくださいね。

①初対面で下ネタなんてしちゃダメなんです。

先日、某珈琲店でお客様と待ち合わせをしていたのですが、早く到着したので珈琲を飲んでいたんです。

そうすると隣の席に男女二人が入ってきました。

おそらく男性はスーツでしたし、女性は綺麗な服(ワンピースかな)を着て、どこかぎこちなく「はじめまして」と言う声が聞こえたので、おそらくお見合いだったと思います。

そして20分位過ぎたあたりでしょうか。

男性の会話がフランクになったかと思えば「友達が~〇〇の人とやっちゃったんですよ」

私は「え~!」突然の下ネタをぶっこんできたな!と思いながら、ふと女性をみてみると、あからさまにその女性は「知るか!ボケっ!」的な表情を一瞬見せつけたかと思えば、「そうなんですね~」と冷静に対応されておりました。

しかし、当然その後の会話と言うのは「はい」「そうですか」などの淡泊な言葉しか発しておりませんでしたので、おそらく男性は撃沈されたものと思われます。

男性はついついノリやウケ狙いで発言したのかもしれませんが、その言葉を発した瞬間から、今までがどんなにプラスであったとしても一瞬でマイナスになってしまいます。

訳の分からないウケ狙いなどいりません。

②相手の婚活状況を聞いてしまう。

この話も良く聞くのですが。

話題がなくなってしまったのか、ついつい間を埋めようと「相手の婚活状況」余計な事を聞いてしまうのです。

結婚相談所に入った時期や、今までのお見合い回数、今までの交際状況などなど。

あなたにとっては聞きたいことかもしれませんが、相手にとってみれば聞かれたくない事なんですよね。

過去の交際人数や元カレ、元カノの話題もNGですので注意してください。

③仕事の愚痴や、家族の愚痴

そもそも仕事の愚痴などお見合いの場で聞きたくないですよね。

これはお見合いの場であり、飲み会の席ではありません。

初対面で仕事の愚痴を話されても共感できる訳ありません。

また家族の愚痴も当然聞きたくないのです。

あなたが家族の愚痴を発する事により、相手はあなたとの将来の幸せな家族をイメージできません。

家族に対する愛が薄い人と家族になりたいかと言われたら、ほとんどの方がNOと答えるでしょう。

逆に仲の良い家族であれば、家族の話(プラス面)をどんどんしてみてるとイメージアップにつながると思います。

以上

「自分が話していて楽しい=相手も楽しい」ではありません。

この現象こそが、「よしっ!今回のお見合いは盛り上がった!」と思っていても、相手からは一刀両断でお断りされてしまう現象なのです。

3つのNGを注意しながら楽しくお見合いを進めてみてください。

本日もお付き合いいただきありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪



最新記事

すべて表示

こんにちは。 今週も3連休ですね。 お見合いは10件です。 皆さん頑張ってください! そして仮交際中の方へ! 良い仮交際は会うたびにどんどん楽しくなり幸せを感じてきます。 悪い仮交際は会うたびにどんどん苦しく感じてしまいます。 苦しく感じてきたら要注意、もしかすると「その道ではないよ」という心のサインかも知れません。 心のサインを見逃さないでくださいね。 さて、悩みというものは「なぜ」「どうして」

こんにちは。 今回は女性編です。 さて、婚活最強は感情(愛情)表現にあると言っても過言ではありません。 ここでいう愛情表現とは「愛してる」とか「好きです」ではないです。 例えばお見合い中なら 「そんな大変なお仕事しているんですね。仕事頑張っている人ってすごく素敵です」 「○○さんとお話ができてすごく楽しかったです!」 このような感情(愛情)表現です。 デートの場合だったら 「○○さんと一緒ならどこ

こんにちは。 先日ですが、JR宇都宮駅構内にある立ち食いそばに寄ったんです。 この立ち食いそばの「鴨汁つけそば」が絶品なんです! ぜひ、食べてみてください(^^♪ 今回もその「鴨汁つけそば」を食べていると、大きな声で「ごちそうさまでした!」と言う声が聞こえました。 振り向いてみると、小学5年生くらいの男の子です。 お店の方も「ありがとう!また来てね」とそこには笑顔がこぼれていました。 その状況を見