top of page

新しい結婚の選択肢【マスオ婚のすすめ】

更新日:2023年5月28日

【マスオ婚のすすめ】

マスオ婚とはあのサザエさん一家のマスオさん状態のことです。

夫が妻の実家に婿入りという形をとらずに同居する家族形態のこと。

これからの地方での婚活ではマスオ婚を視野に入れて検討した方が断然良いと思います。

では、その理由を婚約当初から妻の家族と約10年間過ごしてきた私からのマスオ婚メリットをご紹介します!

【マスオ婚のメリット】

①妻の精神安定が半端ない。

妻の実家ということもあり、妻にとっては生まれ育ってきた環境。

今までと変わらずに過ごすことが出来るので、精神的な安定感があるのだと思います。

②家賃がない。

家賃がないので、その分を将来の貯蓄に回すことが出来る。

宇都宮市でしたら通常のアパートでさえ毎月6~10万円くらいは賃貸料として支払うことと思いますが、その分をそのまま貯蓄に回せるのは大きいです。

もちろん、食費や公共料金などは納めますが、それでも倍速で貯蓄が可能となります。

③忙しい時は子供を見てくれるし、家事も手伝ってくれる時がある。

親にとって孫は可愛いので率先して面倒みてくれますし、親も孫の成長に対して喜びを感じていられます。

④フグ田家、磯野家のように姓を変える必要はありません。

婿入りとは女性側の姓に変えることでありますが、マスオ婚は姓を変えません。

そのため、男性側の親からも反対されることは少ない。

⑤嫁しゅうとめ問題はありますが、夫しゅうと問題はない。

夫と義理父の間での衝突はほとんどありません。(適度にお互いを干渉しないのです)

【マスオ婚をお勧めできない人】

男性の年齢(35歳以上)が高くなると、プライドや新しい環境生活が苦手という人もいると思います。

また、このような環境に対して精神的苦痛を感じてしまう人はお勧めできません。

自分が家の主だと思う方も適しません。

以上。

将来に対して金銭的不安はつきものです。

その一つの方法としてマスオ婚という形で乗り越えていくのもありではないでしょうか。

最初から二人で住まなくても、貯蓄を蓄えてから家を建てるなり何なりすれば良いんです。

ちなみに逆バージョンは?

夫の家に同居する。これはNGです。

私の知る限り99%の女性は嫌がります。ご参考まで。


妻のご家族は本当に優しくて優しくて、おかげさまで居心地よく過ごさせていただきました。本当にありがとうございました(^^♪


※婿入りと婿養子の違い

婿入りとは嫁側の姓に変えることですが、婿養子とは嫁側の姓に変えて尚且つ、嫁側の両親と養子縁組を組むこと。嫁と結婚し、嫁側の両親の子供になるということです。


本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪



最新記事

すべて表示

交際が成立するのは第二印象にあります

こんにちは。 今週はお見合いが14件です。 しっかりとプロフィールを読み込んでお相手様と向き合っていきましょう! 応援しております(^^♪ さて、よく「第一印象を大切にしましょう!」なんて言葉を耳にするかと思います。 もちろん、第一印象はとても大切です。ほんと超重要です。 でも、それだけでは交際に繋がると言えば実はそうではありません。 今回は第一印象を大切にするのことは大前提としてお話を進めさせて

40代女性会員様がご成婚退会です!

こんにちは! この度40代女性会員様よりがご成婚退会となりました。 常日頃からレスポンスも丁寧に返してくださり、穏やかで心優しい会員様です。 悩まれていた時期もありましたが、お相手様とは今年に出会いあっという間にご成婚退会となりました。 あらためて思います。 本当に相性がぴったりの方と出会うとあっという間なんですよね(^^♪ 末永くお幸せになってください! 後日改めてお話をお伺いさせていただきます

Comments


bottom of page