「嫌われたくない行動」と「好かれる行動」は違います

結論からお話させて頂きます。

嫌われないようにしていても、相手からは好かれません。

もし、あなたが嫌われたくないのであれば、自分を我慢して相手に媚を売って、相手に何でも合わせていれば嫌われる事はないでしょう。

普段の生活の中でもそうです。

周りから「どう見られているか」すごく気になっていませんか。

みんなから嫌われたくないと思うタイプですか。

行動の色々な事が嫌われない為の行動になっていませんか。

もちろん、自分中心の行動では問題ありではありますが、結局はすべての人に嫌われない事ってないんです。当たり前ではありますが、、。

嫌われたくない、嫌われないようにしていくと、何が起こるでしょうか。

それは「好かれない」と言う現象が発生してしまうんです。

必ずどんなものにも対極が存在します。

上→下

左→右

光→影

明→暗

表→裏

好き→嫌い

全てに対極が存在します。

どんな特徴でも、その特徴が好きな人もいれば嫌いな人もいる。

嫌われないように自分の個性を殺して行動する事はあなたの特徴、個性が出てこない。

その為、嫌われもしなければ好かれることもなくなるんです。

人それぞれに特徴や個性があります。

その特徴や個性を好きな人もいれば当然嫌いな人も出てきます。

もし、あなたが好かれたいと思うのであれば、我慢ばかりせず、自分の色を出した方が良いと思います。

それで好かれないなら、間違った相手だという事です。

あなたには良い所がたくさんあるんです。

相手に「嫌われないように」合わせるだけでなくて、あなたらしい一面をお相手に見せてはいかがでしょうか。

男性が好きになるのはそのような所だと思います(^^♪

本日もお付き合いいただきありがとうございました。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り会えますように(^^♪


最新記事

すべて表示

「見た目」は予選で「中身」が決勝

もちろん恋人になる人は可愛い方がいいし、美人の方がいいし、イケメンの方がいいですよね。 人は見た目が9割と言う人もいますから。 そうであればお見合いでも勝負は最初の3秒という事になります。 たった最初の3秒の為に全力を尽くす必要があるのです。 でなければ予選を突破できず中身まで見て頂けない可能性があるのです。 最初のたった3秒? と思われるかもしれません。 しかしこの3秒を制する為には何か月も前か

なぜ相手の嫌な所ばかりが目についてしまうのか

お見合いの時は印象が良かったのだけれども、次会った時は何か違うんです。 嫌な所が見つけると、次から次へと相手の嫌な所ばかりが目についてしまうんです。 「優しいのは分かるんだけど言葉遣いが、、、」 「もっとテキパキして欲しいのに、、」 「店員に対する態度がちょっと、、」 一つ嫌な所が見つかると次から次と嫌な事が見つかり最後には「話し方が苦手」「やっぱり顔が苦手」などエスカレートするばかり。 そんなあ

笑顔でいよう!

いよいよ本格的にゴールデンウイークが始まります。 いかがお過ごしになられますでしょうか。 ゴールデンウイークはお家時間が長い分、システム内のお見合いお申込みが活性化すると思われます。 良い人がいたらどんどん自分からお申込みしてみましょう。 さて、人生上手くいく事ばかりではありません。 婚活でも上手くいかなかったり、続けてお断わりされたり、辛いことがあったりすると、「はぁ~上手くいかないな。」と表情