• す~さん

もっといい人がいるかも症候群



今回は過去の記事を改めて公開致しました。

「結婚したい、でもいい人がいないんだよね・・・」

恋人がいない女性がよく口にするトップ3のひとつ「いい人がいない、、」

そして、いざ婚活!

婚活を始めて出会いが増えるようになると、「いい人いないかな~」は「もっといい人いないかな~」に進化します。

気づかないうちにアップグレードされています。

婚活を始めると一気に出会いの数が増えます。

今までの日常の出会いとは比べ物にならないくらい増えていきます。

じゃあ、あっという間に恋人が見つかり結婚できるのでは?

というと、そうもいかないのが難しいところなんです。

むしろ急激に増えたことで迷い、「もっと探せばもっといい人がいるのでは」症候群に移行してしまう女性は多いです。

「今の彼は告白してきてくれたし、結婚を考えていると言ってくれたし、信頼できる人なんだけど、本当にこの人に決めていいか迷っちゃって」

「正直、婚活ってものすごく沢山の人と会えるし、アプローチもされるじゃないですか。もっと探せば今デートしている彼より、もっと自分に合う人がいるのでは?って思ってしまうんです」

結婚相談所の婚活経由で出会ってお付き合いを開始した人からも婚活パーティで出会ってお付き合いを開始した女性からも「今の人はまあまあいいんだけれど、この人に決めていいのか分からなくて、、、」

という声を聞きます。

彼の性格は好きだけど顔がいまいち好みでない、という条件の部分以外への不満。

条件は合っているはずなのに、どうしてもときめかない。という心の中の不一致。

あれだけ婚活でたくさんの人に会ったのだから、もう少しねばればもっといい人がでてくるのでは?という、未来への期待。

つまりは「今交際している人には満足できない」「結婚を考えるには決め手に欠ける」状態なのですが、かといって「不満すぎて秒で切りたい」レベルでもありません。

中途半端になっているからこそ、迷います。

迷ってしまうのは、自分の条件が分かっていない、あるいは多すぎるからかもしれません。

話を聞いてみると、今の彼に不満な現状も、どこか不満なのかはよく伝わってくるのですが、「どういう状態が理想なのか」を聞いてみると、わりとあいまいだったり、逆に多すぎたりします。

まず、よく言われているのが「相手に求める3つの条件」これが相手を絞り込むのに適切な条件数といわれています。

また「フィーリングが合う人がいい」というふんわりした状態で婚活をしているケースがあります。

このような状態ですと「経験値はたまりますが、クリア条件の難易度がものすごく高い無理ゲー」のようなものです。

※「無理ゲー」とは難易度が高すぎて「クリアするのが無理なゲーム」で定義などは特に無い為に普通に考えただけでは思いつかない、努力だけではクリアが困難な場合に使われます。

「この人はスペックがよかった。でも、エスコートしてくれないのがイヤ」「こっちの人はエスコートしてくれる。でもあまり会えないのが不満」「彼はスペックが最高。でも顔がムリ」と出会いが増えれば増えるほど「この人のここがいいけどあそこはイヤ」が増えていき、最終的には「全部クリアした人がいい=もっといい人がいないかな」と言う生涯独身コースまっしぐらです。

以上のように条件設定がそもそもきちんとできていない、あるいは条件が多すぎると、「もっといい人がいるのでは」「もっと条件に合う人がいるのでは」症候群にはまりやすくなります。

ここでもう一度見直しましょう!

コロナの影響で今は「Stay Home!」の時期です。

今だからこそゆっくりと考える時間があります。

条件を徹底的に洗い出し、1から順番に順位を付けてみましょう。

そして最終的に3つまで絞ります。

婚活をしている最中に「本当に自分が望んでいる条件」が明確になったり、自分が考えていた条件とは違う条件が出てきたりと順位がチェンジする事はよくあります。

「自分でもゴールがよく分かっていない」というあいまい部分が混ざっていると、「決められない」迷走コースに迷い込んで数年があっというまに吹き飛ぶことになりますので、ゆっくり条件の再設定をしてみて欲しいと思います。

男性も同じく考えてみましょう。

本日もお付き合いありがとうございます。

あなたにとって素敵なパートナーに巡り合えますように(^^♪

す~さんの結婚相談室 鈴木

最新記事

すべて表示

同じことをしていれば、同じ結果しか生まれない

昔の希望条件と言えば3高と呼ばれるもので、高収入、高学歴、高身長でした。 現在は3生と言って ①生存力(リストラや災害に強く、いざという時にも生活や家庭を支えられる力) ②生活力(家事が出来、経済的にも自立できる力) ③生産力(予期せぬ出来事から立ち直れる精神力と、新たな道を切り開ける人脈と人望を持つ人間力) になるそうです。男性のみなさん3生を意識してみましょう。 さて今回のテーマは「同じことを

面白話はちょっと盛ってみよう

ついに宇都宮でも桜が満開です。花見は良いのですが、それとは別に花粉症との戦いでもあります。 さて今回は「ちょい盛りで話そう」です。 日本人は気質的に「まじめすぎる」という事もあるかもしれませんが、あった出来事を一から十まで正確に伝えようとします。そうすると、どうしても話はダラッとなってしまいます。 そんな人におすすめなのが「ちょっと話を盛る」ということです。 たとえば、「昨日行ったカフェにかわいい

相手の共感を呼ぶうなずき

うなずき方や質問の仕方など、話を広げるには、相手に対する「聞き方」が非常に大切になってきます。例えば質問の仕方一つでその後の会話の広がりが変わってきますし、何よりも人は「自分の話を聞いてもらえると安心する」「嬉しくなる」生き物です。 よく大まかな目安としては、自分3:相手7位を目指すと良いと言われています。それくらい「聞く」ことは大事なのです。 まずは話を聞いているときの「リアクション」なのですが